最新記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミズクラゲのコラーゲンを利用した人口皮膚を開発


※東海大学医学部基盤診療学系の住吉秀明講師らは、クラゲのコラーゲンを利用して従来より高い皮膚再生能力を持つ人工皮膚を開発した。ブタとミズクラゲのコラーゲンを混ぜ作製した人工皮膚をマウスに移植。ブタコラーゲンのみで作った人工皮膚に比べ、2倍以上の速さで皮膚が再生することが分かった。やけどで失った皮膚の再生手法の開発につながる可能性がある。
hfjgkhldg.jpg
人工皮膚を移植したマウスの皮膚。ブタとクラゲのコラーゲンで作った人工皮膚を移植(東海大提供)
引用元:クラゲのコラーゲンを利用した再生能力高い人工皮膚を開発 東海大


この研究は海月研究所(川崎市高津区)と医学部基盤診療学系 住吉 秀明 講師を中心とする研究グループとの共同研究だそうで今月の19日には大阪国際会議場 第7会場 会議室で研究の発表を行う予定のようです。
学会での取材を希望される場合には、下記HPから取材申請の手続ができるようです。
取材申込 | 第15回日本再生医療学会総会【2016年3月17日(木)~19日(土)大阪国際会議場】

[ミズクラゲのコラーゲンを利用した人口皮膚を開発]の続きを読む

関連記事
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。